一発屋と言われるバダジェフスカですが、乙女の祈りしか知られてません。ポーランドの女性作曲家の謎に迫ります。

バダジェフスカの音楽の世界

練習日記などコラム

夢の中にバダジェフスカ風の音楽が流れてきた

投稿日:

夢について

夢をよく見ます。
でも目が覚めるとすぐに忘れてしまいます。

そこで夢を記録しようと思いました。
目覚めたらすぐに記録しないといけません。
枕元にスマホを置いて、目覚めたらすぐにスマホを手にして、夢の内容を入力することにしました。

自分が見た夢を分析してみた

夢を記録してわかったこと、それは夢の内容が実に非現実的だということです。
たとえば、こんな夢をみました。

星空を見てました。
すると、突然空に穴があきました。

穴から宇宙人が出てきました。
そして、空に絵を描きだしたのです。

夕焼けのようなきれいな絵が空いっぱいに描かれました。
幻想的な音楽が流れてました。

ある意味とてもロマンチックでした。
目が覚めてからも、夢で流れた音楽がわずかに残ってました。

夢を見て思ったことがありました。
日常思いもつかなかったことが夢の中で体験できます。
もしかしたら、世の中の芸術家、作家さんたちは、自分が見た夢からヒントを得て作品を作り上げることがあるんじゃないのか?

私が見た夢の中では、音楽が流れてました。
この音楽を元にして作曲ができるんじゃないか!と思い立ったのです。

夢の中で流れた音楽を再現する

私の寝室にはピアノが置いてあります。
目が覚めてすぐにメロディーを記録しようと、ピアノに向かいました。

ピアノの蓋を開ける間もどんどんメロディーが消え去っていきます。
これはヤバいと思って、急いで鍵盤を鳴らして夢で見た音を再現しようと試みました。

残念ながら数小節しか再現できませんでした。
記録できた数小節も正しく再現できたかどうか自信ありません。

しかし、記録した数小節の音楽は、とても幻想的なものです。
これは夢をヒントに生まれた音楽に相違ありません。

この数小節を元にして作品を完成させてみようと考えました。
しかし、あくまでも夢に忠実でなければなりません。

夢の続きを見ようと試みました。
まず、夢で見た数小節のフレーズを録音して、一晩中流しながら寝ることにしました。

1週間続けました。
しかし、残念ながら空から宇宙人が出てくる夢を見ることはできませんでした。

それでも音楽は頭の中でぐるぐる回り続けてます。
なんとなく曲の続きを口ずさめるようになりました。

夢とはちょっと違いますが、睡眠学習的な効果が現れたのだと思います。
このようにして曲が出来上がりました。

夢をヒントにして作曲ができたのだと思います。
私が空から宇宙人が出てきて空に絵を描く夢を見なかったら、絶対にできなかった音楽です。

世の中の芸術家、作家さんもきっと夢を参考にして作品を作っているんだということを確信しました。
ただ、出来上がった曲は、どことなくバダジェフスカ作曲「乙女の祈り」に似ているんですね。

私は、バダジェフスカ好きすぎということを改めて自覚しました。

この曲は、2020年1月20日(月)にNHKラジオ「すっぴん!」で放送されました。

 

 

-練習日記などコラム

Copyright© バダジェフスカの音楽の世界 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.